toggle
2017-07-05

1本のジーンズから1つしかとれない希少部位を使った筆箱「社会の窓筆箱」がついに完成!


ジーンズのファスナーを生かした「面白プロダクト」を実際に作ってみました!

その名も「社会の窓筆箱」(ドンドンドン♪パフパフ♪)

ファスナーから筆(鉛筆・ペン)が出てくるという・・・これほど男のロマンを感じることができる筆箱がこの世にあったでしょうか!?

今回はご縁あって木工雑貨&ジーンズリメイクを専門とされているMegu Blesshandmadeさんにご協力いただき、USEDのジーンズを男のロマン溢れる筆箱へとリメイクしていただきました!

とてもハイクオリティーに仕上げていただけたので、本当に嬉しい限りです!

こだわりポイントとしては「社会の窓」という名前のタグを裏表の目立つ位置に縫い付けたところです。

表面のタグは、パッと見で「普通のジーンズ生地の筆箱だな」と思われないように、あえてテッペンの目立つ位置に縫い付けています。

裏面のタブは、ポケット横の本来タブが付いている位置に入れることで、四方八方からイジってもらえる設計にしています(笑)

現在は仕事用の筆箱として使用してますが、今のところ相手から突っ込まれる確率は100%ですので、個人的には大満足のプロダクトになりました!(笑)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です